サポート > VideoWave Movie Creator アップデータダウンロード
VideoWave Movie Creator
Ver1.6 アップデートプログラム

VideoWave Movie Creator アップデータダウンロード

1.対象製品について

本プログラムをダウンロードする前に、現在VideoWave Movie Creator(製品版)をお持ちであることをご確認ください。VideoWave Movie Creator (OEM版)は、本アップデートの対象ではありません。

2.アップデート内容

VideoWave Movie Creator Version 1.5からVer1.6への変更内容

  • メインメニュー画面(ホーム)のGUIが変更になりました。
  • ビデオ素材と静止画素材を別々のライブラリタブにわけるようになりました。
  • ソフトウエア起動時のムービーロゴを再生しないオプションを用意しました。
  • ビデオ素材から、映像と音声を抜き出す機能を追加しました。
  • IEEE1394のwebcamが新規にサポートされ、USBのwebcamのサポートが改良されました。
  • 新規ドライブサポートを追加しました。(サポート済みのドライブにつきましては、ドライブサポートページ をご覧ください。VideoWave Movie CreatorはEasy CD Creator 5と同じライティングエンジンを使用しております。 最新のドライブサポートのアップデータはEasy CD Creator 5と共通でご利用いただけます。)

(注)Windows XP サービスパック1プリインストールユーザーの方は、Indeo CODECをインストールする必要があります。Indeo CODECのダウンロードは、こちらです。

3.アップデート手順

※ Windows XPならびにWindows 2000ユーザは、必ずAdministrator権限(コンピュータの管理者)でログオンしてから全ての作業を行ってください。

  1. VideoWave Movie Creator Ver1.6 (vwmc_v1.6_ja_update 21.5MB)をダウンロード してください。 VideoWave Movie Creatorをまだインストールされていない場合は、インストール後に再起動してください(VideoWave Movie CreatorのCDにてWin2000もしくはXP上でインストールを行う際は、ユーザー名を半角英数のみにしたアカウントでログイン推奨)。
  2. VideoWave Movie Creatorをまだインストールされていない場合は、インストール後に再起動してください(VideoWave Movie CreatorのCDにてWin2000もしくはXP上でインストールを行う際は、ユーザー名を半角英数のみにしたアカウントでログイン推奨)。
  3. ダウンロードしたアップデータを実行します。インストール完了後に再起動を行い、アップデート完了です。
  4. 書き込みエンジンをアップデートします。 engsetup_5.3.5.10.exe(2.90 MB)をダウンロード してください。 但し、Easy CD and DVD Creator 6 Platinum がインストールされている場合はEasy CD and DVD Creator 6と同じライティングエンジンを使用しておりますのでアップデートの必要ありません。 
  5. ダウンロード後、アップデータを実行します。 インストール完了後に再起動を行い、アップデート終了です。
  6. 再起動後にお持ちのCD-R/RWドライブが認識されない時は、最新のドライブサポートアップデータ(DriveUp5.3.5v.exe -862KB) をダウンロードして、実行してください。VideoWave Movie CreatorはEasy CD Creator 5と同じライティングエンジンを使用しております。 最新のドライブサポートのアップデータはEasy CD Creator 5と共通でご利用いただけます。 但し、Easy CD and DVD Creator 6 Platinum がインストールされている場合はEasy CD and DVD Creator 6と同じライティングエンジンを使用しておりますのでアップデートの必要ありません。 
  7. Intel Centrio CPU搭載のパソコンをご利用のユーザーの方は、こちらのアップデートパッチをインストールする必要があります。こちら はこちらです。